マスカレード・ホテル

東野圭吾 警察とホテルマンという2つの職業の姿を描いた作品。 人間ドラマや職業ドラマとしてはなかなか魅せてくれるが、犯罪自体の謎に関してはいささか稚拙で、謎自体ではなくセリフで押し切ってるところがあり残念。 まあ、そこはフレーバーってこったな…

ザ・ザナサー ウォーターディープのビホルダー犯罪王/The Xanathar, Beholder Crime Lord of Waterdeep 201209 ダンジョン誌 206号

「ザ・ザナサーが実在するかどうかなんて知らんよ。でも俺がウォーターディープで働いていると分け前に与れるのは確かだ。なんで無意味な詮索をしなきゃいけないんだい?」 - こそ泥のターマリン/Termerin, cat burglar 「ザナサー(またはしばしば「ザ・…

アリータ バトル・エンジェル

原作未読 銃夢の実写映画化。話はだれることなくテンポよく進み面白い。 どこまでが原作準拠で、どこからがオリジナルかはわからないが、底辺出世モノとしては定番の流れで作られており、本国では受容度が高そう。 日本だとどうだろ? (ΦωΦ)

エンカウンターズ17 レッド・ウィザードの野望:ソード・コーストの受難/Dreams of the Red Wizards, Scourge of the Sword Coast D&D Next 20140219

5e FR

DR1486 背景/Background この冒険は『ドラゴンスピア城の亡霊』の出来事の後のダガーフォードを取り上げる。レッド・ウィザードによる一連の策謀を描いた4つの冒険は、"邪悪なる元素大公"を奉じる廃寺院に、元素ノードのパワーを解放する4つの鍵を集めるこ…

ファースト・マン

月を体感したい人のための映画。 ドキュメンタリー:二十世紀の偉人(第35回) 最初に月面に降り立った男、ニール・アームストロングの偉人伝。 最近のハリウッドにありがちな、ドキュメンタリーの宇宙飛行士版。 ほぼ説明がないから、日本ではウケないかなぁ…

アクアマン

スピンオフ(過去設定は問わない) 水界を美しく描いているところが注目点。 物語については、貴種流離譚・定型3のBを参照。 考証については甘く、ビームではなく光るクロスボウを使うとか、爆発ではなく凍結するとか、手段はあったと思うが手は尽くされず…

ドラゴンスピア城の亡霊/Ghosts of Dragonspear Castle D&D Next 20130815

5e FR

DR1485 ダガーフォード・キャンペーン/Daggerford Campaign ダガーフォードは駆け出しの冒険者でも名を売り出せる、ソード・コーストにおいて小さいながらも重要な街だ。そこはキャンペーンの出発点として最適だ。なぜならダガーフォードの周囲は様々な探索…

メリー・ポピンズ リターンズ

ドース・ジュニア かの著名な名作の続編。 バンクスの子どもたちが一人前の大人になり、そして新たなバンクスの子どもたちのもとに彼女がやってきた。 いささかにメリケナイズされたところもあるが、メリーがメリーであるところは変わりなく、たまにうるっと…

PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.1 罪と罰

頑丈 サイコパスシリーズの新作。 約1時間の作品なので、テレビシリーズ2本ないし3本のボリューム。 全体的な構成は良いけど、 描きたいシーンを描きました。 なイメージで、つなぎ方はちょいと大雑把。 がんばれ (^ω^)

十二人の死にたい子どもたち

米国文化の、公民館とかに集まって車座で自分を語り合い、互いにそれを認め合うやつ。それの映画版。 向こうさんだと青春映画の1シーンでしかないが、日本だとそれだけで1本の映画になる。すごいな。 オチも悪くないが、幼稚な子どもに正論というクソを投…

がっこうぐらし!

卒業まで いわゆる原作に従いつつ、高校生の対応力を超えたちょいと荒唐無稽な背景部分をはしょり、ドイヒーな環境にセーラー服女子4人放り込んだらどうなるか的な改変作。 主役はくるみちゃん(阿部菜々実)。スラッとキレイだから良し。 ヾ(⌒(ノ'ω')ノ

ミスター・ガラス

ずっと9歳がいい… アンブレイカブルから始まるスーパー・ブルース・ウィリス3部作完結編。 2本目のスプリットは観ていないのだが、容易に脳内補完できるわかりやすいストーリー。 スーパーキャラとは言えリアル路線キャラだから派手さはないが、今回の敵…

ワイルド・ストーム

アラバマのとある街。そこには政府の旧札処分施設があった。 いつものように処分用の紙幣が搬入される中、カテゴリー5のハリケーンが襲う。それと同時に、施設を狙う強盗団の姿が…。 モールまでは良かったんだけど、そっからはご都合展開。 30点 ( °ω °)

恐怖の報酬

灰は灰に、塵は塵に 様々な理由で居場所を失った人々が南米に流れ着き、米国企業の油井で働いていた。 その劣悪な労働環境の中、彼らに降って湧いたような儲け話が転がり込む。 それは爆発寸前の劣化ダイナマイトを、道なき道を通り218マイル(約330km)彼方…

ヘレディタリー 継承

ローズマリーの孫息子 21世紀になって正面からサタン・ペイモンを崇拝する教団が、魔王復活を画策する。彼らは悲願を成し遂げることができるのか? ではないお話 (ΦωΦ) とりあえず、なにかあったら室内の灯りを点けることをお勧めしておく。

マイル22

なかなか渋い現代スパイもの。 アクションも火力もサイバーも豊富で、近年のものとしてはかなりおもしろい。 (^ω^) 良作

TAXI5 ダイヤモンド・ミッション

ダニエルの甥のお話。 今回はランボルギーニの疾走が主役。話的にはネタ切れなんだけど、スーパータクシーがぶっ飛ばすのがテーマなのでよし。 途中元署長市長がマロウを 「君が隊長だ」 と任命するんだけど、これ“警部”の誤訳だな。惜しい (ΦωΦ) 原語はたぶ…

シュガーラッシュ・オンライン

パンッ(悲鳴 堅い友情に結ばれた2人に生き方の相違が出た時、2人は? ラセターの人生シリーズ最新作。 なかなかにいろいろ皮肉りつつ、多様なキャラクターを生かした作品。プリンセシーズの友情出演も心憎い。彼女らのTシャツを発売したらウケるんでなか…

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel. lost butterfly

話の内容はああなので仕方ないが、まあなんつうか。 アニメとしての出来は期待したほどではなく、ぶっちゃけまともに描けていないレベルなので、 「ぁぁ、我らは凋落しているのだな…」 ということがわかる。 残念作。 タクティクス・オウガが深く記憶に残る…

ミレニアム 蜘蛛の巣を払う女

誤認された因縁の不幸なる精算 序盤の爪の甘さが事件を大きく引き伸ばすも、最終的には解決。国の膿を出すことが出来たから良かったのかも知れない。 そいや久しぶりに「安楽椅子で足を組む男」役を見たのだが、サイバーパンクもののネット使いはああやって…

来る

いわゆる邦画ホラーを軸に、ここ数年で公開された邦画の高評価点を集めた雰囲気の作品。 悪くない。 それだけに、俳優のブリ大根が目立つのが難点。 邦画はショッパイ役者とゆるゆるな脚本で味わう、大衆食堂の揚物定食な立ち位置がベストなんだろなぁ (ΦωΦ)

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

フロンタル福井の半端作。 ロボットプロレスの世界から、機械としてのロボットを兵器として取り出して物語を編んだ。しかし未熟ゆえに除去しきれなかった部分が出た。それがニュータイプ。 ニュータイプはキャスバル富野にとって単なるご都合アイテムでしか…

くるみ割り人形と秘密の王国

戯曲の映画化。舞台劇をビジュアル的に拡張するのは大変だったかと思う力作。 内容としては実写ディズニーなのでだが、マッケンジー・フォイの可愛さは秀逸 (^ω^)

ボヘミアン・ラプソディ

最高の天国を。 イエスは、彼に言われた。「あなたに真実を告げよう。あなたは今日、私とともに天国にいる。」 ルカ伝 23章43節より

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

シカリオになりたいのか テキサスで自爆テロを食らったアメリカが、不法入国を斡旋している麻薬カルテルにケンカを売る話。 いろいろ思うところはあるが、文民統制は良いとしても中途半端は悪いというところに尽きる。 アフガニスタンだって中途半端にした結…

アンクル・ドリュー

常に光らなくていい。一度だけ光れば。 ハーレムのバスケ試合ネタ。 何もかも失った男が、50年前に栄光をつかみ損ねた男たちと栄光をつかむ物語。言ってしまえば定番のアメリカン・サクセスストーリー。 ただし黒人主役で客演は老人だが (ΦωΦ) プライドが邪…

プリズマ・イリヤ 雪下の誓い

都合3回目とか。 悪くない佳作 (ΦωΦ)

魔法少女リリカルなのはDetonation

いつか自分を好きになれる日が来るよ… 1本目と異なりラッシュ続きで最後まで押し続ける。 いいね (ΦωΦ)b

マクロスFサヨナラノツバサ4DX

アトラクションとしてのマクロス 概ね覚えていたけど細かいところは忘れていたのでけっこう新鮮に観れた。 オチはやっぱり唐突というか、あれは感化されすぎじゃろ (ΦωΦ)

ゴジラ 星を喰う者

ぁぁ、こぅぃぅ 今度はエルフによる逆襲編。 全編通してみれば、各種族が各種族なりのエゴと対策を展開しており、完成度は高かった。 オチはそれなりであるが、話としては虚渕脚本なだけありキチンとまとまっており悪くはない。 難点は、骨格であるところの…