フォードvsフェラーリ

栄光なき天才たち 醜い工場で作られた醜い車が、フィアットの子会社となって生き延びた手作り自動車に勝つお話。 栄光とはまばゆく、またはかないものよな (つω;`)

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

この世界の どこにも居場所が無いと思っとったけど、どうにかなるもんだねえ (曖昧

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

やあ。 お前、前にも同じミスしたろ。学習しないな。 いや、そこは3人で (;^ω^)

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

漫画作品を絵面重視で実写映像化した怪作。 なんか、ドタバタコメディなんだが、いろいろアレだ。ギャグの方向性が合わない。

決算!忠臣蔵

日本人が忘れがちな、というより嫌悪している「兵站/経済」という側面から忠臣蔵を捉えた作品の劇場版。タカの爪のバレッジ映画を思い出す。 どうせなら画面側面に総額表示を出して、徐々に減少するシステムの方が面白いとも思うが、画面的にうるさそうだか…

ぼくらの7日間戦争

時かけ 原作も読んでないし前作(実写版)も観ていない。 内容的には青春作品として定番の流れを押さえているが、随所の考証がゆるゆるなので、もっとコメディ調に流した方が良かったのではないかと思う。 ちょい半端 (ΦωΦ)

銀河英雄伝説 新章3

いわゆる2巻まで そいやオーベルシュタイン。旧版ではアンスバッハロケットを身を挺して防ごうとしていたが、新章では動きが描かれなかったな。 そんだけの話だが ( ゜ω゜) しかもうろおぼえ

ジュマンジ/ネクスト・レベル

一見してバカネタ映画だが、現実の困難さにぶつかってへこたれそうな若者が、心中を吐露しながら仲間と一緒に試練を乗り越えるという王道を描く快作。 しかも今作は老後とその先についても踏み込んでいる。 次回に期待 (^ω^)

アナと雪の女王2

君は飢え死にしてボクは諦めるだけ。 短編含めて3本目は『首都消失』。 冒険行はファンタジー作品として基本要素を取り入れ、見事に「我が戦い、皆が勝った」を再現している。 よし。 今作ではどんな隠れテーマがあるんだろかな ( ゜ω゜) #他力本願

THE INFORMER/三秒間の死角

何が三秒間なのかわからなかった・・・ 麻薬組織を壊滅させるためにFBIに買われた潜入情報屋/Informerが、取引のトラブルに巻き込まれて・・・なシビアなお話。 アクションなし、爆発無し、誰かをトンマにさせずに物事を解決する素晴らしい展開。 なかなか…

人間失格 Human Lost

まごころをきみに 太宰治「人間失格」の翻案作。 話の中身は翻案作品であることを考えるとまずまずなれど、アニメに落とす段階でいろいろすれ違いがあり、脚本・演出からCG描画に至る段階でさらにすれ違いがあるようなイメージ。 もちっとなんとかならねぇか…

アイリッシュマン

デニーロ&アルパチーノ ネットフリックス制作のドラマを劇場公開したもの。 20世紀後半の米国を舞台にした、ジミー・ホッファを軸に裏社会の抗争と人間模様を描いた作品。 なかなかに沁みる作品であった (ΦωΦ)

ドクター・スリープ

貞子vs伽椰子 流行りの続編モノ。 『It』同様に全体を俯瞰し過ぎた感じで、ホラーというより説明になってて残念。 ダンに幸あれ (ΦωΦ)ゞ

ブライトバーン

タイトルは町名から。 イメージは『スーパー・オーメン』で、デッドプールならずとも「DCワールドの出身?」と問いかけたくなるほど暗いヴィラン物。 スーパーマンのお父さんは偉大だった (ΦωΦ)

地獄少女

まあ、いろいろ理解できないところがあるが、オッサンと縁がない世界の作品なので、そういうものなのだろう。 工藤さんしか感情移入できないところに限界を感じる。 マウンティングシーンは怖かった (;^ω^)

エンド・オブ・ステイツ

俺たちはライオンだ… ジェラルド・バトラー映画の一作。方向性はニコラス・ケイジに近いイメージ。 作品としては特にひねったところはなく、真っ正面からアクションをしている感じだが、ちょいなんというか、バカだ。 お父さんが最高 (;^ω^)

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

お前たち、大人になったな…。 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編。 単に現在の展開だけではなく、過去の回想と想起、現在と複雑な精神世界ホラーが描かれる。 なかなか怖くて良いぞ ヾ(⌒(_^ω^)_ こういうホラーはドタバタと逃げ回るのが定番で…

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

なるほど、泣ける(泣いてない)。 不思議とホーガンの『プロテウス・オペレーション』を思い出した。 ある意味において、『シザー・ハンズ』でもある普遍のテーマだね (^ω^)

ターミネーター ニュー・フェイト

再分岐 時間ものSFらしくさまざまなパラドックスを繰り返してきたターミネーター・シリーズに新たな分岐が出現! ジョンの存在が神格化されすぎて扱いづらくなったから、いっそのことなくそう。サイバーダインのスカイネットも古臭いし、ネット万能説も怪…

ジョン・ウィック3 パラベラム

平和を求むるなら、戦いに備えよ ジョン・ウィックの3本目。てっきり三部作と思っていたら違い、四部作。と思いきや、実は読み切り(1作目)に三部作がくっついた変則四部作になりそう。ゆえに今作は2作目相当。 今回はコンチネンタルを追われた彼が如何…

銀河英雄伝説「星嵐」第二章

1は観てないが、そろそろアムリッツァかと思ったら終わってたの巻 ( ゜ω゜) フォークさんは観れた ジェシカさんが痛そうだったのと、我らが英雄オフレッサーが観れたのでヨシ (ΦωΦ) 賊軍の弱そうなふいんきが画面に出てなかったのがざんぬん

ジェミニマン

タイトル コロンビアまでは良かった。その後は予定調和的な展開に流れ、煮えきらずに終了。 良かった話にしたいんだろけど、あそこまでだとちょっとな。 ウィル・スミスの指向する脚本はなんかイマイチな (;^ω^)

フッド ザ・ビギニング

恐怖とは神の使う最強の武器だ。そこで教会は地獄を考え出した。 いわゆる中世冒険譚であるロビン・フッド伝説を下敷きに、現代風の習俗で再編したイメージの作品。衣装小物の類は現代のものを転用し、序盤の十字軍戦役はさながら現代シリア戦線のよう(機関…

血液クレンジング

クロール -凶暴領域-

父娘バディもの ギクシャクした関係の父娘が危機に陥った時、最強のコンビは奇跡を起こし…的な動物パニック作品。 いささか登場人物を無駄遣いしてないかと疑問に思いつつも、パニックってこうだよねとねじ伏せられるような快作。 侍ジャイアンツを思い出し…

HELLO WORLD

#HELLOWORLD やってやりました! フェッセンデンの宇宙的入れ子構造。「彼」は何を目的として何をどうし、「何」を生み出したか。 なかなかに魅せてくれました (^ω^)

HELLO WORLD

やってやりました! フェッセンデンの宇宙的入れ子構造。「彼」は何を目的として何をどうし、「何」を生み出したか。 なかなかに魅せてくれました (^ω^)

アド・アストラ

星の彼方へ/意志を貫く なんかいろいろ拍子抜け。 月軌道内は発展しており火星軌道まで余裕で進出している時代だけど宇宙船は現代船の発展型。 軌道速度はとんでもなく(火星・海王星間80日)、減速なしの大気圏突入にも耐える。 反物質を実用化し、30年の…

51 

生存報告として (ΦωΦ) なお外は歴史的台風19号ハギビス/HAGIBISが来襲中 (ΦωΦ)

ジョーカー

DCユニバース出身かよ! やるせない。 やっぱりヴィランを掘り下げちゃいかんね。憎むべき相手を憎めなくなるというのは、すなわちヴィランという「遠慮なく憎んでよい相手」を憎めなくすることであり、それはすなわち存在自体を殺すことでもある。 今の時代…