3.5e

エレメンタル駆動の乗り物/Elemental Vessels(『Magic of Eberron』p120)

カイバー・シャードとそのエレメンタル束縛特性は、エベロン中を動き回る様々な形態の乗り物に動力を供給している。 アース・スレッド/陸上橇/Earth Sled アース・スレッドは動力源としてアース・エレメンタルを束縛しており、道の有無に関わらず地面を悠…

“夢の幼生”/Dream Larva 『Epic Level Handbook』より

“夢の幼生”は空想、憧憬、夢の神格の私生児だ。 ほとんどのクリーチャーは夜驚症 - 深い眠りについている者をも覚醒させる恐怖の一撃 - を知っている。“夢の幼生”は悪夢の世界から逃れられるはずの覚醒世界に現れた、悪夢の顕現だ。彼女たちは特定の肉体を持…

チチメク/Chichimec 『Epic Level Handbook』より

チチメクは、天空、大気といった権能を持つ神格の望まれない子だ。 チチメクの外観は猛烈に羽ばたき、はためき、もがく茂みのように見える(若干のチチメコは羽毛の翼ではなく蝙蝠のような翼を有している)。その塊の中心からは1本の長い尾が、クリーチャー…

アトローパル/Atropal 『Epic Level Handbook』より

アトローパルは死産した神格の子供が変じた自然発生アンデッドだ。 アトローパルが現れる前と去った後には魂も凍て付くような[冷気]がまとわりつく - その汚穢れたオーラは英雄的クリーチャーの活力を減じさせ、弱き者の活力を吹き消す。アトローパルは後…

アナークシム/Anaxim 『Epic Level Handbook』より

アナークシムは鍛冶神が思いつきで生み出したガラクタだ。 たいていの“忌憎の輩”と異なり、アナークシムは欲望の産物ではなく、衝動的に無理矢理組み合わせた機械の集合だ。アナークシムは破棄されるべき時に破棄されなかった人造であり、それらはそのままに…

忌憎の輩/きぞうのともがら/Abomination/アバミネーション 『Epic Level Handbook』より

名称 Name サイズ 種別 *1 脅威度 アナークシム Anaxim 中型 人造、来訪者(秩序) 22 アトローパル Atropal 大型 アンデッド、来訪者(秩序、悪) 30 チチメコ Chichimec 中型 来訪者(風、悪) 21 ドリーム・ラルヴァ Dream Larva 大型 来訪者(混沌、悪)…

ユアンティ・グラフト/Yuan-Ti Graft/ユアンティ流移植組織

ユアンティ流移植組織とは別の実体を持つクリーチャーの肉体に接合できる蛇体の部位である。 ユアンティ流移植組織の獲得/Acquiring an Yuan-Ti Graft 途轍もなく強力なユアンティ“烙印者/Anathema”こそがユアンティ流移植組織の主な作成者であり、その技…

アンデッド・グラフト/Undead Graft/アンデッド式移植組織

これは生ける死霊術師と死せる僧侶が死のこちら側にある間に敬愛する存在に近づく方法を模索した猛悪な実験の成果である。アンデッド式移植組織は生きた肉体と生きていない肉体を接合することで成立する。 アンデッド式移植組織の獲得/Acquiring an Undead …

モウグ・グラフト/Maug Graft/モウグ流移植組織

モウグの術者はアケロン次元界における勢力を拡張するためモウグに特殊な移植組織を与える。すべてのモウグ移植組織は人造移植組織であり、通常アケロン次元界第二層であるトゥルダニンの石から作り出される。モウグだけがそれらを作成する秘密を理解してお…

イリシッド・グラフト/ Illithid Graft/イリシッド流移植組織

ある者は言う。マインド・フレイヤーこそが、任意のクリーチャーに他のクリーチャーの組織を移植する実験し、その技術を確立した最初のクリーチャーであるという。別の者は言う。フィーンドたちが怪しげな沽券を維持するため、とあるフィーンド・オヴ・コラ…

フィーンディッシュ・グラフト/Fiendish Graft/フィーンド流移植組織

フィーンド流移植組織は実体を持つクリーチャーの肉体に移植可能なフィーンドの身体部位だ。 フィーンド流移植組織の獲得/Acquiring an Fiendish Graft フィーンド流移植組織を獲得する方法は数多くある。 クリーチャーを捕らえ、その四肢のひとつを除去し…

アボレス・グラフト/Aboleth Graft/アボレス流移植組織

猛悪なるアボレスが作り出すこれらは、他の実体を持つクリーチャーの肉体に追加の身体部位として装着される。 アボレス流移植組織の獲得/Acquiring an Aboleth Graft アボレスはしばしばこれらの移植組織をスカムや他の隷属クリーチャーに適用する。その適…

グラフト/Graft/移植組織 (3e, 『魔物の中綴じ本/Fiend Folio』200304 より)

グラフトとシンビアント自体は独立した一個のモンスターではない。どちらかと言えば、それらはモンスターのような身体部位であり、また(シンビアントに関しては)自身を拡張するため既存のクリーチャーと統合する意志を持つ生物だ。シンビアントは自身の心…

血塗られた街/City of Blood ダンジョン誌154号

ストームリーチ市は血で塗り固められた都市だ。それは未開の大地の縁に位置し、ゼンドリック大陸を生き延びた戦利品と富に吸いつくダニのように、海岸線にへばりついている。都市には、何千年も陽を浴びることのなかった古代の宝物庫から発掘された希少な財…

ヘルズ・ハート療養院/Hell's Heart

ヘルズ・ハート療養院では憎悪が蔓延っている。シャーンの立ち入り禁止区域であるブラック・アーク街区(岸壁地区のタヴィックス・ランディング内)に位置する、千本の剣と矛に囲まれた黒曜石の塔ヘルズ・ハート療養院は狂人の悪夢だ - そこは恐怖の焦点で…

ワタリガラスは語る/Quoth the Raven

シャーンに灰が降り注ぎ、地獄のように苛烈な冬の凍気が“塔の街”の下層域を飲み尽くす。都市の中央部は上層尖塔の破壊により、死にかけのドラゴンが吐き出す汚穢のような灰と煤からなる有毒の雲に覆われていた。運の悪いことに、そこで都市に猛吹雪が襲いか…

真夜中に鐘は鳴る/Chimes at Midnight

才知に長けた(がいくぶん風変わりな)素人探偵/Detectiveヴィクトール・サン=ドマンは、他の3人の道楽者/インクィジティヴたちよりも多くの犯罪組織首魁を投獄していた。そして名探偵/Master sleuthたちが彼の正体を見極める前に、彼はシャーンに欠くこ…

昔、投稿したシナリオ

石川さんとこが残ってた ( ゜ω゜).。o0(ここ

ドラゴサの棲居/Dragotha's Lair アドヴェンチャラーズ・ギルド 199910-12

RPGAによる、AD&D2e用アドヴェンチャラーズ・ギルド・トーナメント・シナリオ ローレンス・シックによる『白羽山の迷宮』、ブルース・R・コーデルによる『白羽山の迷宮、再び』、そしてゲイリー・ガイギャックスとデイヴ・アーネスンによるD&Dゲームを基…

ウォークスルー・マップ:恐怖の墓所(トゥム・オヴ・ホラーズ)

世界のどこかに、失われた孤独な丘陵がある。その中には迷宮のような不気味な地下聖堂があり、それを示すかのように恐るべき罠と不注意な者を抹殺する恐怖のモンスターが多数集っている。地下聖堂には貴重かつ魔術的な宝物が多数納められているが、デミリッ…

 ウォークスルー・マップ:白羽山(ホワイト・プルーム・マウンテン)

かつては聞くだけで誰もが身を震わせたケラプティスの名も、今日では学識ある学者にさえほとんど知られていない。数週前、神秘的な名前を持つ3つの高価な魔法の武器、ウェーヴ、ウェルム、ブラックレイザー が、グレイホーク市の真ん中にある所有者たちの宝…

 マルキジッド Malkizid Forgotten Realms Wikiより

HD33、脅威度27の大型の来訪者(バーテズゥ) データの詳細については、『Champions of Ruin』を参照。 マルキジッドは“血の谷”(Blood Rift。九層地獄とアビスの間に位置する)に住む、かつてはアークデヴィルであった強力な堕落したソーラーだ。彼は“烙…

 公式八連作 全31回の軌跡

DM タイトル 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 Dowa 地底の城砦 未参加 未参加 未参加 Dowa 秘密の工房 2007/02/18 2007/03/18 2007/04/29 yuka 夢でささやく者 2007/06/24 2007/08/05 2007/09/16 2007/11/18 2008/01/20 羽生響 環状列石の謎 2008/03/0…

 『迷える魂を喰らう者』第5回 通算第31回 DM:羽生響

そして伝説へ…。 4年ほどかかった冒険行も遂に最終段階です。 実際、ゲーム内時間だとどれくらいなんだろなぁ…。第2シナリオからの参入なので、3レベル・スタートだったような気がするけど、17レベルまでどれくらいで上がったのやら…。 人間ってスゲェ (…

 バスターの《特別な乗騎》 セレスチャル種ダイア・ライオンのマーサ・カナリィ version.6 by WORM

ここまで来ると12HDのクリーチャーは戦力にもならないのだが、バスターを運んでくれる素晴らしいクリーチャーとして参戦中。 ぶっちゃけ、バスターが攻撃を当てるよりマーサが攻撃を当てる方が皆が喜ぶという、パーティーのマスコットと化している。 (つω…

 8連作キャラクターの2人目 バスター・ド・ヘラティック ver.3 *1 by WORM

ついに20レベルのハーフエルフ・パラディン *1 某国宮廷の廷臣として生きてきたが、ひょんなことから軍人となり、さらにコアロンに招命されてパラディンとなり、順当にコアロンのチャンピオンとなるも、出奔して原野に生きる。 しかしエピック級に近づいたと…

 『迷える魂を喰らう者』第4回 通算第30回 DM:羽生響

力負け… (つω;`) 第4回目です。 〈迷える魂の城砦〉に突入し、内部掃討を続けます。 今回はこ〜でるさんが考えたモンスター、クリスタル・スクリーマーと対戦しました。 ( ゜ω ゜) .。oO(スーパー・クリスタル・ボーイ… その次は非戦闘遭遇でした。…

2010年のゲーム状況

3年目。惰性で続ける。それが鯛足烏賊クオリティ ( ゜ω ゜) 1月 PL 1/11 PL 1/23 2月 PL 2/7 DM 2/11 PL 2/14 3月 DM 3/7 PL 3/13 PL 3/21 PL 3/28 4月 PL 4/3 PL 4/29 5月 DM 5/3 PL 5/23 DM 5/30 6月 PL 6/13 PL 6/20 PL 6/27 7月 DM 7/11 PL 7/…

 欄外記事3本

テンプレートと生態 Templates and Biology テンプレートを適用する場合、ルールは解剖学的構造より重視される。ポリモーフ呪文、変身生物、オルター・フォーム、またD&Dに登場する類似効果はすべて、サイズや解剖学的構造について問うていない。どのよう…

 特定のテンプレートに関する注釈 Notes on Specific Templates

セレスチャル:文章には「実体のある悪属性ではないクリーチャー」に適用可能と記されているが、基本クリーチャーは生きていなくてはならない。このテンプレートはアンデッドや人造に適用することができない。しかしながら、これは来訪者に加えることができ…