ユアンティ・グラフト/Yuan-Ti Graft/ユアンティ流移植組織 (3.5e, 『蛇族の王国/Serpent Kingdoms』200407 より)

ユアンティ流肉体組織移植/Graft Yuan-Ti Flesh》[アイテム作成]

 あなたはユアンティ流グラフトを他の生きているクリーチャーやあなた自身に適用することができる。
 前提条件:ユアンティである、〈治療〉10ランク

 利益:あなたはユアンティ流グラフトを作成し、それらを他の生きているクリーチャーやあなた自身に適用することができる。グラフトの作成には価格1,000gpあたり1日が必要だ。グラフト作成のため、あなたはグラフト市価の1/25にあたる経験点を消費し、素材コストとして市価の半分を消費しなくてはならない。


 


 ユアンティ流移植組織とは別の実体を持つクリーチャーの肉体に接合できる蛇体の部位である。

ユアンティ流移植組織の獲得/Acquiring an Yuan-Ti Graft

 途轍もなく強力なユアンティ“烙印者/Anathema”こそがユアンティ流移植組織の主な作成者であり、その技は敏速である。また人型生物の代行者や狂信者に同行するユアンティはしばしば《肉体組織移植》特技を学び、これらの移植組織で彼らの手先を強化する。

アディッド・テイル/Added Tail/追加の尾

 移植されたクリーチャーの足を置換するのではなく、尾てい骨の拡張による追加の尾を生やすことで尾てい骨を拡張することで尾を追加し、地上移動速度の半分に等しい生来の水泳移動速度を与える。生来の水泳移動速度を持つクリーチャーのように、移植されたクリーチャーは水中を泳ぐために〈水泳〉判定を行う必要がなく、特殊なアクションや危険要因を回避するために行う〈水泳〉判定には+8種族ボーナスを得る。移植されたクリーチャーは〈水泳〉判定で常に出目10を行うことができ、水泳中に急ぐ時や脅威にさらされている間、水泳であっても直線であるなら疾走アクションを行うことができる。また移植されたクリーチャーは〈平衡感覚〉判定に+4種族ボーナスを得、小型以下自身より小さなサイズのクリーチャーを締め付けることができる:組みつき判定に成功したなら、組みついている敵に対して1d4+(【筋力】ボーナスの1.5倍)の[殴打]ダメージを与える。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:6,000gp
 強力・変成術;術者レベル15;《ユアンティ流肉体組織移植》;市価:6,000gp

ポイズン・ファングス/Poison Fangs/毒の牙

 移植されたクリーチャーには長く鋭い牙が与えられ、その噛みつき攻撃に毒が追加される(頑健セーヴ難易度17)。主要ダメージと二次ダメージは同じである(1d6【耐久力】ダメージ)。もし移植されたクリーチャーが事前に生来の噛みつき攻撃を持っていないなら、その噛みつきが行えるのは組みついている敵(毒を与えるためには組みつき判定で相手を組み敷かなくてはならない)か無防備状態の敵にのみである。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:8,000gp

リプレイスメント・テイル/Replacement Tail/置換の尾

 この尾は移植されたクリーチャーの脚か後肢と置換される。移植されたクリーチャーの地上移動速度は10フィート減少するが、本来の地上移動速度の半分に等しい登攀移動速度と水泳移動速度を得る。また移植されたクリーチャーは中型以下のクリーチャーを締め付けることができる:組みつき判定に成功したなら、組みついている敵に対して1d4+(【筋力】ボーナスの1.5倍)の[殴打]ダメージを与える。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:12,000gp

スケイリィ・スキン/Scaly Skin/鱗の肌

 このユアンティの皮膚は移植されたクリーチャーの外皮ボーナスを+3する。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:36,000gp

サーペント・アーム/Serpent Arm/蛇頭の腕

 これは長く柔軟な腕で、先端は蛇の頭をしている。移植されたクリーチャーは腕による1回の噛みつき攻撃を行える。ダメージは1d4であり、毒効果が追加される(頑健セーヴ難易度17)。主要ダメージと二次ダメージは同じである(1d6【耐久力】ダメージ)。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:12,000gp

パイレート・グラフト/Pirate Graft/海賊式移植組織 (3.5e, 『ドラゴン誌』318号/200404より)

 陽気な港街から秘密の洞穴都市まで、“海賊の安息所”にはどこであっても闇市があり、そこでは無法の魔術師が独自の商いに励んでいる。中でも残忍な産業が発展した先にあるのが海賊式移植組織だ。移植組織とは意志を持たず、実体を持つクリーチャーを強化する目的で装着する身体部位だ。移植組織の完全なルールは『魔物の中綴じ本/Fiend Folio』を参照しろ。君の利便性を鑑み《肉体組織移植/Graft Flesh》特技を再掲する。


 

《肉体組織移植/Graft Flesh》[アイテム作成]

 あなたは特定種のグラフトを他の生きているクリーチャーやあなた自身に適用することができる。
 前提条件:〈治療〉10ランク

 利益:グラフトの種別1つを、アボレス、ビホルダー、フィーンド、イリシッド、アンデッド、ユアンティから選択しろ。あなたがアボレス・グラフトを選択するためにはアボレスである必要がある。あなたがフィーンド・グラフトを選択するためにはフィーンドである必要がある。あなたがイリシッド・グラフトを選択するためにはイリシッドである必要がある。あなたがユアンティ・グラフトを選択するためにはユアンティである必要がある。ビホルダーとアンデッドのグラフトの選択には追加前提条件がない。

 あなたはあなたの選択したグラフトを作成し、それらを他の生きているクリーチャーやあなた自身に適用することができる。グラフトの作成には価格1,000gpあたり1日が必要だ。グラフト作成のため、あなたはグラフト市価の1/25にあたる経験点を消費し、素材コストとして市価の半分を消費しなくてはならない。

 

アイ・オヴ・ザ・マーキィ・ディープ/Eye of the Murky Deep/底濁りの眼

 この眼は海草色の白内障により白濁している。それは眼帯や類似したアイテムで覆われていない時、移植されたクリーチャーの視力を妨害する。妨害の結果として〈視認〉と〈捜索〉に-2ペナルティを受ける。この移植組織を使用する時は覆いを外さなくてはならないが、特定の状況下においてこの利益は欠点を大きく上回る:このクリーチャーの他の眼がすべて覆われている限り、凝視攻撃に対して完全耐性を得る。さらに、この眼は照明状態にかかわらず、使用者が水中にいるなら常に20フィート範囲を見通すことができる。魔法の闇と盲目効果のみがこの眼の能力を阻害する。
 前提条件:《肉体組織移植》、クリエイト・ウォーター、ダークヴィジョン;市価:30,000gp

ゴールデン・ダンシング・ペッグレッグ/Golden Dancing Pegleg/黄金の舞踏用義足

 この義足は金で作られており、月光を受けると明るく微光を放つ。移植されたクリーチャーがたとえ前提条件を満たしていないとしても、クリーチャーは《強行突破》と《一撃離脱》特技を使用することができる。また〈芸能:演舞〉技能判定に+10技量ボーナスを得る。
 前提条件:《肉体組織移植》、キャッツ・グレイス、フリーダム・オヴ・ムーヴメント;市価:55,000gp

ホット・アイアン・フック/Hot Iron Hook/熱き鉄の鉤

 この鉤は常に焼けるような熱を放ち、まるで焼けた石炭の火床から抜き出したばかりのように見える。それが移植されたクリーチャーにダメージを与えることはないが、通常のダメージに加えて1d4ポイントの[火]ダメージを与える。この移植組織は1日1回、9レベルのクレリックとして発動される、海賊向けに調律されたマーク・オヴ・ジャスティスの亜種を与える。このマーク・オヴ・ジャスティスは対象に罪を書き込むのではなく、焼けた鉤で罪人に烙印を押す。呪文による禁止命令は善行に関するものではなく、「海賊を告発する」、「財宝の隠し場所を明かす」、「船を脱走しない」である。
 前提条件:《肉体組織移植》、ヒート・メタル、マーク・オヴ・ジャスティス;市価:36,000gp

※ フック/鉤は片手用の単純武器で、中型であるなら1d4ポイントの[刺突]ダメージを与える。クリティカルは4倍ダメージである。

レッグ・オヴ・スクウィド/Leg of Squid/烏賊の足

 この奇妙な義足は10本の触手を束ねたものだ。この触手は移植されたクリーチャーの体重を部分的にしか支えないため、基本移動速度が半減する。烏賊の足は移植されたクリーチャーの組みつきに+4ボーナスを与え、さらに《組みつき強化》特技を(移植されたクリーチャーが前提条件を満たしていないとしても)与え、加えて〈水泳〉判定に+10技量ボーナスを与える。
 前提条件:《肉体組織移植》、エヴァーズ・ブラック・テンタクルス;市価:40,000gp

ミューティニィアーズ・アイ/Mutineer’s Eye/反逆者の眼

 この眼型の移植組織は変節漢や裏切り者、目標が準備を整える前に攻撃する人にとっての恩恵だ。この移植組織は裏切りの本質に調和することから、装着した者の視力は弱くなる。クリーチャーは〈視認〉判定に永続的な-2ペナルティを受ける。この移植組織の所有者が急所攻撃をするとき、その眼は目標の弱点をより精密に捉えることが可能になるため、彼女の急所攻撃ダメージに+1d6を加える。急所攻撃能力がない者はこの移植組織から利益を得ない。
 前提条件:《肉体組織移植》、ビストゥ・カース、トゥルー・ストライク;市価:4,000gp

アッシファイド・ペッグレッグ/Ossified Pegleg/骨の義足

 このひどく醜い骨の義足はアンデッドをだまくらかすため、移植されたクリーチャーに恒常的なハイド・フロム・アンデッド効果を与える。この効果は標準アクションで抑制/再起動することができる。加えて、移植されたクリーチャーは1日1回5レベルのクレリックとしてコマンド・アンデッドを使用することができる。
 前提条件:《肉体組織移植》、コマンド・アンデッド、ハイド・フロム・アンデッド;市価:36,000gp

セイラーズ・フック/Sailor‘s Hook/船乗りの鉤

 これは船の索具の間で一日を過ごす多くの海賊に好評だ。船乗りの鉤は〈縄使い〉と〈登攀〉技能判定に+5技量ボーナスを得る。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者は〈登攀〉と〈縄使い〉を1ランク以上修得しなければならない;市価:12,500gp

スパイグラス・アイ/Spyglass Eye/小型望遠鏡の眼

 小型望遠鏡の眼は移植組織を装着した者に、通常は距離が10フィート伸びる毎に累積していく-1ペナルティを無視させる。眼の機能は150フィートまで有効だ;その先は通常に10フィート伸びる毎に-1ペナルティを受ける。
 前提条件:《肉体組織移植》、ガイダンス、作成者は〈視認〉を1ランク以上修得しなければならない;市価:25,000gp

ティークウッド・ペッグレッグ/Teakwood Pegleg/チーク材の義足

 海賊士官のお気に入りである浮揚性を持つチーク材の義足は、移植されたクリーチャーの〈水泳〉判定に+5技量ボーナスを与える。義足はまたそのクリーチャーの安定に貢献するため、〈平衡感覚〉判定に+5を与える。さらに秘密の防水区画が内蔵されており、手紙サイズの羊皮紙1枚やダガー1本程度を収納することができる。義足の秘密区画を発見して開放するためには難易度20の〈捜索〉判定が必要だ。
 前提条件:《肉体組織移植》、キャッツ・グレイス;市価:12,550gp

ユアンティ・グラフト/Yuan-Ti Graft/ユアンティ流移植組織

 ユアンティ流移植組織とは別の実体を持つクリーチャーの肉体に接合できる蛇体の部位である。


f:id:Tirthika:20210212002846j:plain

ユアンティ流移植組織の獲得/Acquiring an Yuan-Ti Graft

 途轍もなく強力なユアンティ“烙印者/Anathema”こそがユアンティ流移植組織の主な作成者であり、その技は敏速である。また人型生物の代行者や狂信者に同行するユアンティはしばしば《肉体組織移植》特技を学び、これらの移植組織で彼らの手先を強化する。

アディッド・テイル/Added Tail/追加の尾

 移植されたクリーチャーの足を置換するのではなく、尾てい骨の拡張による追加の尾を生やすことで、地上移動速度の半分に等しい生来の水泳移動速度を与える。生来の水泳移動速度を持つクリーチャーのように、移植されたクリーチャーは水中を泳ぐために〈水泳〉判定を行う必要がなく、特殊なアクションや危険要因を回避するために行う〈水泳〉判定には+8種族ボーナスを得る。移植されたクリーチャーは〈水泳〉判定で常に出目10を行うことができ、水泳中に急ぐ時や脅威にさらされている間、水泳であっても直線であるなら疾走アクションを行うことができる。また移植されたクリーチャーは〈平衡感覚〉判定に+4種族ボーナスを得、小型以下のクリーチャーを締め付けることができる:組みつき判定に成功したなら、組みついている敵に対して1d4+(【筋力】ボーナスの1.5倍)の[殴打]ダメージを与える。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:6,000gp

ポイズン・ファングス/Poison Fangs/毒の牙

 移植されたクリーチャーには長く鋭い牙が与えられ、その噛みつき攻撃に毒が追加される(頑健セーヴ難易度17)。主要ダメージと二次ダメージは同じである(1d6【耐久力】ダメージ)。もし移植されたクリーチャーが事前に生来の噛みつき攻撃を持っていないなら、その噛みつきが行えるのは組みついている敵(毒を与えるためには組みつき判定で相手を組み敷かなくてはならない)か無防備状態の敵にのみである。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:8,000gp

リプレイスメント・テイル/Replacement Tail/置換の尾

 この尾は移植されたクリーチャーの脚か後肢と置換される。移植されたクリーチャーの地上移動速度は10フィート減少するが、本来の地上移動速度の半分に等しい登攀移動速度と水泳移動速度を得る。また移植されたクリーチャーは中型以下のクリーチャーを締め付けることができる:組みつき判定に成功したなら、組みついている敵に対して1d4+(【筋力】ボーナスの1.5倍)の[殴打]ダメージを与える。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:12,000gp

スケイリィ・スキン/Scaly Skin/鱗の肌

 このユアンティの皮膚は移植されたクリーチャーの外皮ボーナスを+3する。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:36,000gp

サーペント・アーム/Serpent Arm/蛇頭の腕

 これは長く柔軟な腕で、先端は蛇の頭をしている。移植されたクリーチャーは腕による1回の噛みつき攻撃を行える。ダメージは1d4であり、毒効果が追加される(頑健セーヴ難易度17)。主要ダメージと二次ダメージは同じである(1d6【耐久力】ダメージ)。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はユアンティでなければならない;市価:12,000gp

アンデッド・グラフト/Undead Graft/アンデッド式移植組織

 これは生ける死霊術師と死せる僧侶が死のこちら側にある間に敬愛する存在に近づく方法を模索した猛悪な実験の成果である。アンデッド式移植組織は生きた肉体と生きていない肉体を接合することで成立する。

アンデッド式移植組織の獲得/Acquiring an Undead Graft

 いかなる術者であっても《肉体組織移植》特技と適切な前提条件を満たすのであればアンデッド式移植組織を作成して活用することができる。ペイル・マスター上級クラス(『大冊と血脈/Tome and Blood』→『死者の書/Libris Mortis』で詳述)のメンバーはレベル上昇する過程で特定の移植組織を受け取り、その使用について熟達していく。

ボーンメイル/Bonemail/骨帷子

 骨帷子は骨格と骨片で作られた鎧に似ているが、それは移植されたクリーチャーの肉体の一部と化す。骨帷子移植組織は移植されたクリーチャーのACに+2外皮ボーナスを与える。
 前提条件:《肉体組織移植》、ジェントル・リポーズ;市価:16,000gp

エナヴェイティング・アーム/Enervating Arm/気力弱体の腕

 気力弱体の腕は乾燥してやせ細った肢で、その肉は革のように堅い。その移植組織は移植されたクリーチャーの【筋力】に+4体得ボーナスを与える。1日に2回、移植されたクリーチャーは“気力弱体の接触”攻撃を行い、生きているクリーチャーに対して“負のレベル”を1レベル与えることができる。その負のレベルを除去するための頑健セーヴ難易度は14だ。失敗した接触攻撃は1日の使用回数に含まれない。
 前提条件:《肉体組織移植》、エナヴェイション;市価:40,000gp

マミファイド・アイ/Mummified Eye/木乃伊の眼

 この硬く球形をした珠は一見して通常の眼球のように見えるが、それは明らかに乾燥しており、また眼窩の中でも動くことはない。しばしば、その中からは蒼白な光が漏れ出るように見えるときがある。移植されたクリーチャーは1日1回12レベル術者としてアイバイト呪文を起動することができる。
 前提条件:《肉体組織移植》、アイバイト;市価:50,000gp

パラライジング・アーム/Paralyzing Arm/麻痺の腕

 麻痺の腕は乾燥したアンデッドの肉体であり頑健な肢をしている。その移植組織は移植されたクリーチャーの【筋力】に+4体得ボーナスを与える。1日に2回、移植されたクリーチャーは“麻痺の接触”攻撃を行える:接触された生きているクリーチャーは頑健セーヴ(難易度14)を行わなくてはならず、さもなければ1d6+2分間麻痺状態になる。エルフはこの“麻痺の接触”に完全耐性を持つ。失敗した接触攻撃は1日の使用回数に含まれない。
 前提条件:《肉体組織移植》、ジェントル・リポーズ、グール・タッチ;市価:40,000gp

ウィーキャニング・アーム/Weakening Arm/衰弱の腕

 衰弱の腕は前肢の骨格であり、移植されたクリーチャーの【筋力】に+4体得ボーナスを与える。1日に2回、移植されたクリーチャーは“衰弱の接触”攻撃を行える:接触された生きているクリーチャーは【筋力】に1d6ポイントの能力値ダメージを受ける。失敗した接触攻撃は1日の使用回数に含まれない。
 前提条件:《肉体組織移植》、レイ・オヴ・エンフィーブルメント;市価:40,000gp

モウグ・グラフト/Maug Graft/モウグ流移植組織

 モウグの術者はアケロン次元界における勢力を拡張するためモウグに特殊な移植組織を与える。すべてのモウグ移植組織は人造移植組織であり、通常アケロン次元界第二層であるトゥルダニンの石から作り出される。モウグだけがそれらを作成する秘密を理解しており、モウグの術者はこういった移植組織で部下の性能を向上させる。


f:id:Tirthika:20210207203624j:plain

ロッキング・ハンド/Locking Hand/固定用手首

 この石の手首は握り締めると指が固定されるように設計されている。それはクリーチャーの通常の手首と交換される。これで素手攻撃を行うと通常のダメージを与える。攻撃者が特に選択するなら、-4ペナルティを加えることで非致傷ダメージを与えることができる。ロッキング・ハンドがクリーチャーに与えるダメージは、素手打撃や肉体攻撃では変化しない。
 固定用手首の主な目的はクリーチャーの握力を強化し、武器落としされたり手にしたアイテムを奪われたりしないよう難易度を上げることにある。移植されたクリーチャーは武器落としを免れるためのロール、つかんだ相手の〈脱出術〉対抗判定、落下を免れるためのロール、〈登攀〉中に滑面をつかむため等の任意のロールに+5ボーナスを得る。クリーチャーは複数の固定用手首を得ることで、利用可能な手首の数だけボーナスを累積させられる。
 固定用手首の固定/解除はクリーチャーが容易に切り替えることができる;またそれらは呪文発動や技能の使用を妨げない。固定用手首から得られるボーナスはロックト・ガントレットと累積する。
 前提条件:《肉体組織移植》、ブルズ・ストレンクス、作成者はモウグでなければならない;市価:2,000gp

ローラーズ/Rollers/回転筒

 回転筒は階段状に組まれた6本の大きな石の円筒から成り、クリーチャーの脚や足と交換される。回転筒は移植されたクリーチャーの地上移動速度を20フィート上げ、さらに蹴散らし攻撃能力を与える。しかし移植されたクリーチャーは〈登攀〉〈騎乗〉〈水泳〉技能判定に-8ペナルティを受ける。移植されたクリーチャーは疾走することができない。
 移植されたクリーチャーは毎ラウンド自身のターンに標準アクションを用いて移動速度まで移動し、自身より小さなサイズの対抗者を蹴散らすことができる。この攻撃はそのクリーチャーの大きさに基づいて[殴打]ダメージを与える(サイズ別グラフト・ダメージ表G参照)。蹴散らされた対抗者は-4ペナルティを受けて機会攻撃を行うか、反応セーヴ(難易度10 + 移植されたクリーチャーのHDの半分 + 移植されたクリーチャーの【筋】ボーナス)を行ってダメージを半減することができる。
 前提条件:《肉体組織移植》、エクスペディシャス・リトリート、ポリモーフ・アザー、作成者はモウグでなければならない;市価:10,000gp

シャヴィング・アーム/Shoving Arm/突き押し腕

 突き押し腕は石でできたピストン様のまっ直ぐな付属器官で、まっ平らな手首が付いている。それはクリーチャーの胴体に石の“ベルト”で固定されている。その腕はたいていの活動の役に立たないが、ラウンド毎に1回攻撃アクションとして、移植されたクリーチャーの5フィート以内に位置する1体の対抗者に対して突き押し攻撃をすることができる。移植されたクリーチャーは機会攻撃を誘発しない近接接触攻撃を行う。突き押し腕がヒットしたなら、命中した対抗者は移植されたクリーチャーが突き飛ばし攻撃をしたかのように【筋】対抗判定を行う。通常ボーナスに加え、移植されたクリーチャーはこのロールに特別な+5ボーナスを得る。もし移植されたクリーチャーが勝ったなら、防衛側は(5+移植されたクリーチャーの判定結果-防衛側の判定結果)フィートだけ押しやられる。移植されたクリーチャーはつき押された防衛者と一緒に移動しない。
 突き押し腕は所持されていない物品を押すこともでき、その【筋力】は(移植されたクリーチャーの【筋】+10)である。突き押し腕は直線状にクリーチャーや物品を押しやることができる。
 前提条件:《肉体組織移植》、ブルズ・ストレンクス、作成者はモウグでなければならない;市価:2,000gp

シャダー・プレート/Shudder Plate/振動板

 振動版は通常クリーチャーの胸郭に配置される。それは石製の枠に頁岩の薄板をはめ込んでいるように見える。振動版は静かに揺れ振動することで、移植されたクリーチャーに周囲の状況を超自然的に認識させるように設計されている。もし移植されたクリーチャーが地面に接しているなら、15フィート以内の地形と配置を感知できる。加えて、移植されたクリーチャーは〈忍び足〉技能判定に-4ペナルティを受ける。
 前提条件:《肉体組織移植》、シー・インヴィジビリティ、作成者はモウグでなければならない;市価:8,000gp

スパイク・ストーンズ/Spike Stones/棘石

 これらの小型の丸石はクリーチャーの肉体全体の表面に挿入される。移植されたクリーチャーは標準アクションを用いて機会攻撃を誘発せずにそれらを急成長させることができる。石は鋭利な棘として伸び、肉や鎧を穿つ。組みつきにおいて、移植されたクリーチャーが組みつき判定に成功すると、棘は通常の組みつきダメージに加えて2d4ポイントの[刺突]ダメージを与える。移植されたクリーチャーはまた、その棘を1d4[刺突]ダメージを与える“軽い武器”として使用することもできる;素手打撃や肉体武器と組み合わせるなら、これら石の棘はそれらが命中した際に1d4ポイントの[刺突]ダメージを追加して与える。
 前提条件:《肉体組織移植》、スパイク・ストーンズ、作成者はモウグでなければならない;市価:4,000gp

ストーン・スピッター/Stone Spitter/石吹器

 石吹器は箱型か大型容器の装置であり、通常はクリーチャーの肩に取り付けられる。これは驚くべき正確さと致命的な威力で石を筒から発射する兵器だ。石吹器を移植されたクリーチャーは遠隔攻撃として石やスリング・ブレットを発射することができる。この攻撃の射程単位は50フィートであり、そのダメージは移植されたクリーチャーのサイズに依存する(サイズ別グラフト・ダメージ表、石:A、ブレット:C)。1日6回、石吹器は超自然的な高速とパワーで弾体を発射することができる。この攻撃のダメージは通常よりも大きなダイスを用い(サイズ別グラフト・ダメージ表:H)、さらに攻撃とダメージに+1強化ボーナスを与える。石吹器は最大50発までの石かスリング・ブレットを装填できる。
 前提条件:《肉体組織移植》、マジック・ストーン、作成者はモウグでなければならない;市価:2,000gp

イリシッド・グラフト/ Illithid Graft/イリシッド流移植組織

 ある者は言う。マインド・フレイヤーこそが、任意のクリーチャーに他のクリーチャーの組織を移植する実験し、その技術を確立した最初のクリーチャーであるという。別の者は言う。フィーンドたちが怪しげな沽券を維持するため、とあるフィーンド・オヴ・コラプションを介してイリシッドにその工程を教えたと。実態がどのようなものであるにしても、イリシッドは奴隷を実験台に多種多様な組織を移植してきたことから、《肉体組織移植》特技に関して経験豊富であることは否定できない。これらの移植組織はマインド・フレイヤーが敵に対する戦闘で奴隷に有利に働くが、それらはまた奴隷の意志をも弱体化してしまう。そのクリーチャーにとってどんなに便利なイリシッド移植組織であっても、[精神作用]に関する呪文やサイオニック・パワー、効果に対するセーブには-4ペナルティが科される。


f:id:Tirthika:20210207163339j:plain

イリシッド流移植組織の獲得/Acquiring an Illithid Graft

 マインド・フレイヤーは通常彼らの奴隷に移植組織を加える。イリシッドがこれらの移植組織を与えるために必要なのは《肉体組織移植》特技のみであるため、恐ろし気な変異を遂げた奴隷の姿はイリシッドの入植地ではありふれた光景だ。セレモーフ/儀式変成(本書p90に掲載されたハーフ・イリシッド・テンプレート参照)の作成過程は、イリシッド移植組織よりも急激に宿主クリーチャーを肉体変成してしまうものだ。

※訳注:セレモーフとは、人型生物にイリシッド・タッドポールを挿入してイリシッド化する過程を指す用語である。

アンテナ・グラフト/Antennae Graft/触覚の移植組織

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:20,000gp

ライミング・レッグス/Climbing Legs/登攀の脚

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:4,000gp

ゴアリング・ホーン/Goring Horn/突き押しの角

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:8,000gp

グラスピング・マンディブルス/Grasping Mandibles/貪欲な下顎

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:15,000gp

ホウリング・バック/Hauling Back/牽引する背中

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:2,000gp

レイキング・テンタクル/Raking Tentacle/かき集める触手

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:5,000gp

レンディング・クロー/Rending Claw/引き裂く爪

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:5,000gp

ウェポン・グラフト/Weapon Graft/武器の移植組織

 こ
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はイリシッドでなければならない;市価:武器価格+1,000gp

フィーンディッシュ・グラフト/Fiendish Graft/フィーンド流移植組織

 フィーンド流移植組織は実体を持つクリーチャーの肉体に移植可能なフィーンドの身体部位だ。

フィーンド流移植組織の獲得/Acquiring an Fiendish Graft

 フィーンド流移植組織を獲得する方法は数多くある。 クリーチャーを捕らえ、その四肢のひとつを除去し、6d6ポイントのダメージを与え、その上でフィーンドの移植組織を置き換え(フィーンドのシンビアントであるフィーンディッシュ・ファミリアを参照)、5d6ポイント分のダメージを回復させる魔法装置が発見された。

 特定の上級クラスの中にはキャラクターに対してフィーンド流移植組織を行うものもある。アコライト・オヴ・ザ・スキン(『大冊と血脈/Tome and Blood』→『秘術大全/Complete Arcane』で詳述)は、1レベルにおいて《フィーンドの表皮》を得、レベル上昇に伴い移植組織も増加していく。他の上級クラスの中にも、異なる方法でフィーンド流移植組織を与える可能性があるだろう。

 キャラクターが上級クラスの利益としてフィーンドの移植組織を獲得する場合、その暗黒の儀式が最高潮に高まった時点でフィーンドが実体化し、移植組織を与えるのが一般的だ。特定の上級クラスを得ていないキャラクターがフィーンドの移植組織の利益を得るために類似の儀式を行なうことができる。このような儀式は10ラウンドを必要とし、ラウンド毎にキャラクターは1d4ポイントのダメージを受ける。

 はたまたフィーンド・オヴ・コラプション上級クラス(Fiend Folio p202参照。[悪]の来訪者専用)を少なくとも4レベルを持つデーモンかデヴィルは、フィーンドの移植組織を特殊能力として与えるかもしれない。彼らはこれらの“贈り物”を、堕落の道をひた進むキャラクターに報酬として与えたり、定命クリーチャーの魂と交換したりする。

フィーンド流移植組織の欠点/Drawbacks of fiendish Grafts

 フィーンド流移植組織を持つ善属性のクリーチャーは、毎日意志セーヴ(難易度15)に成功しなくては1d3ポイントの【判】ダメージを受ける。やがて彼女らは徐々に狂気に追い込まれてしまう。

 同様に悪ではない属性のクリーチャーは、毎日意志セーヴ(難易度15)に成功しないと悪行を行う誘惑に屈してしまう。これは最終的に属性変更をもたらすかもしれない。

 フィーンドの移植組織を移植されたキャラクターが悪ではないNPCを相手にする場合、すべての【魅力】基準判定(〈交渉〉〈はったり〉等)に対して-6状況ペナルティが与えられる。このペナルティはNPCが移植組織の存在に気づいていなくても、宿主の人格が歪められている結果を反映することから、適用される。

チャーミング・アイ/Charming Eye/魅力的な瞳

 この眼は金色の虹彩と山羊のような砂時計形の瞳孔をしている。移植されたクリーチャーはいかなる種類の闇であっても、たとえ魔法の闇であっても完璧に見通すことができる。加えて、移植されたクリーチャーは魅了の凝視攻撃を得る。移植されたクリーチャーから30フィート以内で直面した者はすべて意志セーヴィング・スロー(難易度14)を行わなくてはならず、さもなければ移植されたクリーチャーのヒット・ダイスに等しい日数だけ魅了されてしまう。このセーヴ難易度は+2ボーナスが加えられている。移植されたクリーチャーの片目だけが攻撃するためだ。移植されたクリーチャーは自身の凝視攻撃に完全耐性がある。
 前提条件:《肉体組織移植》、チャーム・モンスター、トゥルー・シーイング、作成者はフィーンドでなければならない;市価:120,000gp

クロード・アーム/Clawed Arm/爪の腕

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、ブルズ・ストレンクス、ヘイスト、作成者はフィーンドでなければならない;市価:50,000gp

ファースト・レッグ/Fast Leg/早き足

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、エクスペディシャス・リトリート、ジャンプ、作成者はフィーンドでなければならない;市価:4,000gp

フィアサム・アイ/Fearsome Eye/恐怖の眼

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、フィアー、シー・インヴィジビリティ、作成者はフィーンドでなければならない;市価:120,000gp

フェザード・ウィングス/Feathered Wings/羽毛の両翼

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、フライ、作成者はフィーンドでなければならない;市価:10,000gp

フィーンディッシュ・イアー/Fiendish Ear/地獄耳

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はフィーンドでなければならない;市価:2,000gp

フィーンディッシュ・ジョウ/Fiendish Jaw/フィーンドの顎

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はフィーンドでなければならない;市価:2,000gp

フィーンディッシュ・スキン/Fiendish Skin/フィーンドの肌

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、バークスキン、キャッツ・グレイス、ポイズン、作成者はフィーンドでなければならない;市価:55,000gp

フレキシブル・アーム/Flexible Arm/柔軟な腕

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、ヘイスト、マジック・ミサイル、作成者はフィーンドでなければならない;市価:27,000gp

グラップリング・テンタクル/Grappling Tentacle/組みつき触手

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、ブルズ・ストレンクス、作成者はフィーンドでなければならない;市価:20,000gp

ロング・アーム/Long Arm/長き腕

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はフィーンドでなければならない;市価:5,000gp

メンブラナス・ウィングス/Membranous Wings/被膜の両翼

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、フライ、プロテクション・フロム・エナジー、作成者はフィーンドでなければならない;市価:50,000gp

スプリンギング・レッグ/Springing Leg/撥ねる脚

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、ジャンプ、作成者はフィーンドでなければならない;市価:35,000gp

スティング・テイル/Sting Tail/刺突の尾

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、ヘイスト、ポイズン、作成者はフィーンドでなければならない;市価:50,000gp

ストロング・レッグ/Strong Leg/健脚

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、エンデュランス、作成者はフィーンドでなければならない;市価:8,000gp

トランプリング・レッグ/Trampling Leg/蹂躙する脚

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、ブルズ・ストレンクス、ポリモーフ・アザー、作成者はフィーンドでなければならない;市価:5,000gp

ウィップ・テイル/Whip Tail/鞭状の尾

 一。
 前提条件:《肉体組織移植》、グール・タッチ、作成者はフィーンドでなければならない;市価:8,000gp

ビホルダー・グラフト/Beholder Graft/ビホルダー式移植組織

 ビホルダーはすべてのクリーチャーを - やや異なるだけの同族を含め - ただただ破壊しようとする忌憎者/abominationだ。ビホルダーにとってその姿は究極にして完璧であり、他のクリーチャーに移転しようとする試みはすべてのビホルダーにとって忌むべきことだ - ビホルダー式移植組織こそがそれだ。これらの作成と移植はビホルダーを崇拝する狂信者が行う。それは盲目的に心酔するあまり自らをその姿に近づけようと試みである。


f:id:Tirthika:20210206183843j:plain

ビホルダー式移植組織の獲得/Acquiring an Beholder Graft

 ビホルダー式移植組織は奇怪なビホルダー教団によって作成され、一般に彼らのメンバーだけが享受する。これらの教団は通常コボルド、トログロダイト、デロのような地下居住クリーチャーで構成されている。

クラウン・オヴ・アイズ/Crown of Eyes/多眼の王冠

 クラウン・オヴ・アイズはクリーチャーの頭蓋骨に6つの小さな眼を円周状に配置することで成り立つ。それらの視力は低いが(通常の半分の距離)、それらはクリーチャーに対して暗視60フィートと全周囲視覚を与える。これはまた移植されたクリーチャーの〈捜索〉と〈視認〉に+4種族ボーナス与え、さらに挟撃されなくする。
 前提条件:《肉体組織移植》;市価:60,000gp

アイ・ストーク/Eye Stalk/眼柄

 アイ・ストークはクリーチャーの頭に移植されて神経系と結合される。そのクリーチャーは標準アクションを使用することで1日に3回までアイ・レイを使用することができる;この効果はビホルダーのアイ・レイの1つを小型ながら忠実に再現したものだ。1つのアイ・ストークは1種類の光線だけを作り出せる。移植されたクリーチャーは自身の攻撃ボーナスを用いて目標を光線で攻撃することができるが、そのセーヴ難易度は常に18だ。光線の射程距離は150フィートだ。
 前提条件:《肉体組織移植》、以下の呪文群から1つ:チャーム・モンスター、チャーム・パースン、ディスインテグレイト、フィアー、フィンガー・オヴ・デス、フレッシュ・トゥ・ストーン、インフリクト・モデレット・ウーンズ、スリープ、スロー、テレキネシス;市価:195,000gp

ゲイジング・アイ/Gazing Eye/凝視眼球

 この移植組織はクリーチャー自身の眼球1つと交換され、それに凝視攻撃を与える。この攻撃はモンスターを魅了するか、眠気を催させるか、石化させるか、恐怖を引き起こさせるかのひとつだ。その射程は30フィート、セーヴ難易度は16(移植されたクリーチャーの攻撃は1回のみであるための+2ボーナス含む)であるが、それ以外はビホルダーのアイ・レイのように機能する。
 前提条件:《肉体組織移植》、以下の呪文群から1つ:コーズ・フィアー、チャーム・モンスター、フレッシュ・トゥ・ストーン、スリープ;市価:195,000gp

プレーテッド・スキン/Plated Skin/板鱗の肌

 プレーテッド・スキン移植組織は、ビホルダーのようにクリーチャーの脆弱な身体部位を骨ばった板鱗で覆って守る。クリーチャーの外皮ボーナスは+4だけ増加する。
 前提条件:《肉体組織移植》、バークスキン;市価:64,000gp

リプレイスメント・アイ/Replacement Eye/置換眼球

 リプレイスメント・アイは移植されたクリーチャー自身の眼球と置換されて頭蓋内に収められる。そのクリーチャーは標準アクションを使用することで1日に3回までアイ・レイを使用することができる;この効果はビホルダーのアイ・レイの1つを小型ながら忠実に再現したものだ。1つのリプレイスメント・アイは1種類の光線だけを作り出せる。移植されたクリーチャーは自身の攻撃ボーナスを用いて目標を光線で攻撃することができるが、そのセーヴ難易度は常に18だ。光線の射程距離は50フィートだ。
 前提条件:《肉体組織移植》、以下の呪文群から1つ:チャーム・モンスター、チャーム・パースン、ディスインテグレイト、フィアー、フィンガー・オヴ・デス、フレッシュ・トゥ・ストーン、インフリクト・モデレット・ウーンズ、スリープ、スロー、テレキネシス;市価:195,000gp

サード・アイ/Third Eye/第三眼

 クリーチャーの標準的な両眼の上、前額部に移植されるサード・アイは、ビホルダーの持つセントラル・アイの効果を再現したもので、13レベル・ソーサラーが発動したアンティマジック・フイールドに似たアンティマジックの円錐を投射する。しかしながら、この小さな眼が生み出せるのは50フィートの円錐だ。それは1日に3回だけ機能する。
 前提条件:《肉体組織移植》、アンティマジック・フィールド;市価:165,000gp

アボレス・グラフト/Aboleth Graft/アボレス流移植組織

 猛悪なるアボレスが作り出すこれらは、他の実体を持つクリーチャーの肉体に追加の身体部位として装着される。


f:id:Tirthika:20210205221128j:plain

アボレス流移植組織の獲得/Acquiring an Aboleth Graft

 アボレスはしばしばこれらの移植組織をスカムや他の隷属クリーチャーに適用する。その適用工程には被験者へのサイオニック流肉体変成が伴うが、ほとんどのアボレスはどのように機能するのかを理解していない。一般にアボレス流移植組織は、スカムまたはアボレスの触手の打撃を受けて肉体を変成させられたクリーチャーにのみ与えられる。

 もし肉体変成させられてアボレス流移植組織を装着されたクリーチャーがヒール呪文を受けたなら、肉体変成は逆転し、移植組織は1d4+1日間かけて徐々に萎え干からび、最終的に剥落する。もし移植組織がクリーチャー自身の四肢や機関を置き換えている場合、本来の肉体を復活させるためにはリジェネレイト呪文が必要である。

アボレス・テンタクル/Aboleth Tentacle/アボレスの触手

 一般に、アボレス・テンタクルは移植されたクリーチャーの腕か前肢と置き換えられるが、時において前肢の上側や腕の下側等に追加されることもある。そのクリーチャーは触手を使用するいかなる用法においても【筋力】に+4ボーナスを得る(攻撃も含む)。触手による肉体攻撃に成功すると1d6ポイント+移植されたクリーチャーの【筋力】に等しいダメージを与え、打たれたクリーチャーは肉体変成させられる。影響を受けたクリーチャーは難易度(10+1/2移植クリーチャーのHD+移植クリーチャーの【耐】修正値)の頑健セーヴを行わなくてはならず、さもなければアボレスのテンタクルで打たれたかのような肉体変成を受ける(『モンスター・マニュアル』参照)。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はアボレスでなければならない;市価:50,000gp

ミュウカス・シース/Mucus Sheath/粘液被膜

 ミュウカス・シースは実際のところ広範に皮膚を覆う移植組織であり、皮膚は常に薄い粘液の被膜に覆われる。この被膜はクリーチャーの水泳移動速度に10フィートを加え、さらに〈脱出術〉判定に+10状況ボーナスを与える。それはまた被験者に影響を与えるサイオニック能力の焦点具としても機能する:移植されたクリーチャーは[精神作用]効果に対する意志セーヴに-4ペナルティを受ける。この粘液はまたアボレスが奴隷を制御する距離を2倍に、つまり2マイルに延長させる。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はアボレスでなければならない;市価:5,000gp

スカム・アイズ/Skum Eyes/スカムの目

 スカムの目は魚のようなギョロ目をしている。この移植組織はスカムに与えることはできない。彼らはすでにその能力を持っているからだ。移植されたクリーチャーは〈視認〉判定に+2種族ボーナスを得る。このボーナスは水中で+4に増大する。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はアボレスでなければならない;市価:600gp

スカム・テイル/Skum Tail/スカムの尾

 この移植組織はスカムに与えることはできない。彼らはすでにこの器官を持っているからだ。スカムの尾は筋肉質ながらほっそりしており、これを与えられたクリーチャーは生来の水泳移動速度40フィートを得る。生来の水泳移動速度を持つクリーチャーと同様に、移植されたクリーチャーは水中を水泳移動速度で移動するために〈水泳〉判定を行う必要がない。また特殊なアクションや危険を避けるための〈水泳〉判定に+8種族ボーナスを得る。移植されたクリーチャーは急かされていたり危険を感じている時であっても〈水泳〉判定で常に出目10を選択することができ、直線的な水泳を行うのであるなら疾走アクションを行うこともできる。
 前提条件:《肉体組織移植》、作成者はアボレスでなければならない;市価:6,000gp

グラフト/Graft/移植組織 (3e, 『魔物の中綴じ本/Fiend Folio』200304 より)

 グラフトとシンビアント自体は独立した一個のモンスターではない。どちらかと言えば、それらはモンスターのような身体部位であり、また(シンビアントに関しては)自身を拡張するため既存のクリーチャーと統合する意志を持つ生物だ。シンビアントは自身の心を持ち、様々な方法で宿主に装着されるが、グラフトは意志を持たない - 腕、脚、翼、等々 - といった身体部位だ。

グラフト

 グラフトには自身の能力値がない。 グラフトは移植を受けるクリーチャーの能力や特性を若干強化するか、そのクリーチャーに若干の新しい能力を与える。例えばフィーンドの腕はクリーチャーに、より長い間合いや《肉体攻撃強化》を与えるかもしれない。若干のグラフトは独立したアクションを行える - これは通常、グラフトを移植されたクリーチャーに対してラウンド毎に追加の移動手段や特定の攻撃手段を与えることを意味する(例えばフィーンドの鉤爪腕による肉体攻撃)。

 グラフトは魔法のアイテムではないが、ゲームとしてそれらは魔法のアイテムのように機能する。キャラクターは《肉体組織移植/Graft Flesh》特技でグラフトを作成、活用することができる。作成者には静かで快適な環境が必要であり、通常は錬金術研究施設や場合によっては邪教の神殿等といった場所が用いられる。彼には素材が必要であり、それは通常適切なクリーチャー種の肉が用いられる。素材の価格はグラフトを作るための価格に含まれる。グラフトの作成には市価の半分の費用がかかる。

 もしグラフト作成の前提条件として呪文が関係しているなら、作成者は呪文を準備して発動できなくてはならず、または(ソーサラー、バードであるなら)呪文を修得していなくてはならない。あるいは擬似呪文能力のように呪文を複製することができなくてはならない。作成者は呪文が必要とする物質要素や焦点具を用意する必要はなく、またグラフトの作成自体に必要とされる経験点消費を除いて、前提条件となる呪文の経験点消費は不要となる。グラフト作成時、それらは発動されたかのように作成者の準備された呪文から消費される。

 グラフトは魔法のアイテムではない: それは魔法のオーラを放たず、クリーチャーが装備できる魔法のアイテム限界数に含まれず、術者レベルを持たず、財宝として再利用は(不可能でないとしても)非常に難しい。しかしながら、グラフトは移植されたクリーチャーの財宝として勘定され、グラフト移植クリーチャーの脅威度は通常と変わることはない。財宝が少ないだけである。

クリーチャー・サイズ別グラフト・ダメージ表

サイズ
size
A B C D E F G H
極小
Fine
- - 1 1 1d2 1d3 1d6 1d2+1
微小
Diminutive
1 1 1d2 1d2 1d3 1d4 1d8 1d3+1
超小型
Tiny
1d2 1d2 1d3 1d3 1d4 1d6 2d6 1d4+1
小型
Small
1d3 1d3 1d4 1d4 1d6 1d8 2d8 1d6+1
中型
Medium
1d3 1d4 1d4 1d6 1d8 2d6 4d6 1d6+1
大型
Large
1d4 1d6 1d6 1d8 2d6 2d8 4d8 1d8+1
超大型
Huge
1d6 1d8 1d8 2d6 2d8 4d6 8d6 1d10+1
巨大
Gargantuan
1d8 2d6 1d10 2d8 4d6 4d8 8d8 2d6+1
超巨大
Colossal
1d10 2d8 2d6 4d6 4d8 8d6 16d6 2d8+1


 

《肉体組織移植/Graft Flesh》[アイテム作成]

 あなたは特定種のグラフトを他の生きているクリーチャーやあなた自身に適用することができる。
 前提条件:〈治療〉10ランク

 利益:グラフトの種別1つを、アボレス、ビホルダー、フィーンド、イリシッド、アンデッド、ユアンティから選択しろ。あなたがアボレス・グラフトを選択するためにはアボレスである必要がある。あなたがフィーンド・グラフトを選択するためにはフィーンドである必要がある。あなたがイリシッド・グラフトを選択するためにはイリシッドである必要がある。あなたがユアンティ・グラフトを選択するためにはユアンティである必要がある。ビホルダーとアンデッドのグラフトの選択には追加前提条件がない。

 あなたはあなたの選択したグラフトを作成し、それらを他の生きているクリーチャーやあなた自身に適用することができる。グラフトの作成には価格1,000gpあたり1日が必要だ。グラフト作成のため、あなたはグラフト市価の1/25にあたる経験点を消費し、素材コストとして市価の半分を消費しなくてはならない。

※ モウグについては言及がない。これはモウグが特技を秘儀として秘匿しているためだろう。モウグのグラフトを求めるためには、モウグの術者(モウグは種族ヒットダイス2、レベル調整値3、クラス成長型であるから、最低でも5レベルのクレリック/ウィザード等の修得者)を雇用するか(モウグは傭兵種族として知られている)、アケロン第二層トゥルダニンに赴いて交渉する必要があるだろう。

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち

 まあ、言うてもそんなに面白くはない。
 苦労譚としてはよいのだが、結局彼女たちのスタント自体に派手なものが割り当てられていないから、絵面として弱い。

 見ていて、70年代のカースタントアクションの映画を思い出した ( ゜ω゜).。o0(画質が悪い

劇場版FGO 神聖円卓領域キャメロット 前編

#神聖円卓領域キャメロット前編
 まあ、ゲームキャラが動いているのはファンには嬉しいのだろう。
 藤丸立香が生真面目キャラなところがチグハグでなぁ。ムーヴ自体は「すべてわかって諦観してるけど前は見る」ものなんだよな。
 よくわからん (ΦωΦ)

魔女がいっぱい

#魔女がいっぱい
 序盤を見て「ディズニー定番のファミリー向け現代ファンタジーかな」と思ったが、途中からゆるさの中にハードな流れが見え隠れし、「これいいのか」のオチになる。
 うむ、ゼメキスであったか (;^ω^) ディズニーでもねぇし

ワンダーウーマン1984

#ワンダーウーマン1984

 願いを叶える石を巡る冒険。いささか安易に謎が解けて話が進んでいくが、そこは仕方ないか。
 しかしDCはマーヴルと比べて地味だよな… (;^ω^)